弁護士への相談ではメモが重要

法律上のトラブルに巻き込まれてしまう事は、誰にでも可能性のあることと言えます。問題にきちんと対応することが出来なければ、トラブルはますます大きなものとなってしまうかもしれません。そのようなときにどうすればよいかわからないという方にとって弁護士の相談は必要なことと言えます。

その際に、重要になるメモの役割や準備の仕方などについてチェックしておきましょう。

トラブルの最中からメモを取っておく

何かトラブルが起きた時、あるいは起こりそうだと思った時には、相手とのやり取りやトラブルの内容についてメモを残しておくようにしましょう。覚えていると思っていても、意外と忘れてしまいがちになるものです。いつ何が起こったのか、正確に伝えることが出来なければ正しい対応をとることが出来ません。

弁護士としてもアドバイスもしにくいでしょうし、いつのことだかわからないなどあいまいな状態の記憶では、裁判などに進んだ場合に説得力がなくなってしまい、不利に働くこともあるのです。そのようなことが無いように、トラブルが起きそうなことについてはしっかりメモを取っておくようにしたいものです。

起きた出来事ややりとりの内容など、思い返せるようにメモをしておきましょう。できればページの差し替えができないタイプの手帳やノートを使うとよいです。改ざんなどがしづらいタイプの物であれば後々証拠として利用するときにも役立てやすくなります。

また、相談する際にもメモを見ながら詳細を確認することが出来ればスムーズに進みます。そのため、関連書類を保管しておくという事と同様に、物事の詳細をメモしておくという事を習慣づけておくようにしましょう。

相談予約前にまずはポイントをまとめて

いよいよ弁護士に相談をするということを決めたら、ポイントをまとめたメモを作っておくようにしましょう。弁護士への相談には多くの場合予約が必要になりますが、その前にとりあえず大きなポイントだけでもまとめておくようにすることをお勧めします。

なぜなら、予約の段階でトラブルの概要や相談内容について聞かれることもあるからです。複数弁護士がいる場合などは、相談内容に応じて担当する弁護士を紹介してくれることもあるので、大まかな相談内容について聞かれることがあります。

直接会って話す時には誤解なく伝えやすくても、電話で話すとなると緊張してしまい上手く話せないという方もいるでしょう。そういった方は、急に内容を聞かれてあわてないように、ある程度の準備をしておくことがお勧めです。

弁護士への相談を何度もしているという方は少なく、初めての経験で予約段階から緊張しやすいものですが、簡単なメモを作っておくことであわてることなく対応することが出来ます。この段階では詳しいことまでまとめる必要はないので、大まかにでもよいですからメモをしておきましょう。

また、相談日時や場所、準備するものなど相談にあたって必要な事項があれば、それをメモに書いておくと聞き漏らしがなくなります。

有名弁護士事務所の相談内容や特徴を知ろう

予約をしたら詳細な内容をまとめてみる

相談の予約を入れたら、相談に向けて詳しい内容をまとめてみるようにしましょう。出来事を時系列にまとめてみたり、どのようなことが起こったのか書いておいたりするとよいです。もし相談の時にうまく話せなかったとしても、メモを見てもらう事である程度事件の概要を伝えることが出来るので、話すことが苦手という方は特にメモをしっかり作っておきましょう。

また、弁護士へ相談する場合、時間が30分程度と限られていることが多いです。そのため、短時間で事件の概要を弁護士に伝えていかなくてはならないのです。

あらかじめメモをまとめていくことは短時間で必要なことを伝えるための助けとなってくれます。

ただし、詳しくまとめようとして余りにも量が多くなりすぎると逆効果になってしまいます。

その場で読んでもらうにしても、長すぎると目を通してもらうだけで時間がたってしまうでしょう。メモとしてはポイントをおさえて少なめにまとめられるとよいです。例えば、事件が複雑であるなど長くなりそうなときにはポイントだけ簡潔にまとめておき、その他に関連書類や詳しいメモなどを持っていくようにして必要に応じて出せるようにしていけばよいでしょう。

メモにまとめてみることで、自分でも事件の内容についてしっかり把握することが出来るというメリットもあります。

弁護士に法律相談する時のコツは?

聞くべきことをまとめたメモを作っておく

弁護士へ相談するという場合、いくつか聞きたいことがあるという方も多いでしょう。なんとなく相談してしまうと、後からあれも聞いておけばよかった、など聞き漏らしで後悔してしまうことがある物です。そういったことを防ぐために、質問事項を書いておくメモを作っておきましょう。

それによって、聞きたかったことを聞き漏らすことがなくなり、相談の場を有効に使うことが出来るようになります。

何度も相談に行くという事は無駄になってしまいますから、一度の相談で出来ることは済ませられるような準備をしておくことは必要です。

また、聞きたい事項を一つ書いたら、その下に空白を作っておくようにすると便利です。相談中に回答内容などをそのまま書き込むことが出来るようになるからです。さらに、スペースが空いているところはまだ聞いていないということになりますから、聞き漏らしを防ぐことが出来ます。

時間が限られている中で必要なことをきちんと聞いていくためにはこうした準備は欠かせません。当日非常に役立つものとなりますから、ぜひこうした質問をまとめたメモを相談の前に作っていくようにしましょう。

相談を振り返ってまとめる

相談を終えた後も、相談内容などを振り返ってメモにまとめていくようにしましょう。その場で書いたメモなどは、時間が少なくあわてているため字が乱れていることも少なくありません。すると、時間がたってから見直してみると読みにくいという事もあります。

また、覚えていられると思いあえて書いていなかったものも時間がたつと忘れてしまうものです。そういったことを防ぐために、相談後に必要なことをしっかりまとめ直しておくことは今後に役立てる上で重要になります。さらに、まとめ直してみることによって自分でももう一度事件や相談内容を振り返ることが出来、これからの動き方などを考えやすくなっていきます。

相談からあまり時間が空かないうちに、一度相談事項を振り返ってみてメモを作ってみるという事はトラブルの解決に向けて大いに役立つことと言えるのです。